生産ライン・製造ライン

RADの生産/製造ラインのご案内

  • Step.1

    ・フィン加工
    ・チューブ加工
    ・プレート加工
    ・サイドプレート加工

  • Step.2

    フィンやチューブ、プレートなどを組み込みコア全体を組み立てて行きます。


  • Step.3

    コア部を焼き入れ処理いたします。(アルミ製品はアルミ真空炉で処理)


  • Step.4

    コア部をハンダ付けいたします。(アルミ製品はアルミ真空炉で処理)


  • Step.5

    溶剤やフラックスなど不要な各種薬品を洗浄いたします。


  • Step.6

    熟練の職人により、各部を溶接・ハンダ付けを行い、
    ボルトによりしっかりと固定いたします。
    タンクやメンバー他パーツ、シュラウド/ファンガード、フレーム/ダクト
    その他のパーツの製作と組み込みも同時に行います。

  • Step.7

    各種検査を行います。


  • Step.8

    出荷前の最終チェックを行い、専用箱に入れて出荷作業を行います。


アルミ真空炉

アルミ真空炉とは?(真空熱処理)

アルミニウムの特性を最大限に引き出す熱処理方式で、特にフラックス無使用ロー付けで、アルミ素材の姿をそのまま生み出し、光輝性、軽量、放熱、耐久すべてに優れた製品となり、今や自動車関連機器、産業機械、医療機器等ありとあらゆるところに活用されています。
アルミ真空炉
当社独自の真空炉ロー付け方式は、多品種小ロット生産を可能にし、試作品受注から大量生産まで受注可能にしています。
フラックス無使用と言うことで、環境を優先に考え、精密機器、医療機器等には優れた効果を発揮し活用されています。
自動車分野、産業機械、医療設備他においてもアルミ素材へ転換は、軽量、放熱、耐久とアルミ素材最大限に有効活用出来、従来の鉄、銅、真鍮などに比べ非常に幅広く使われています。
また、加工分野においても、真空炉ロー付けを行うことで、非常に加工性がよく、 フラックスレス概要 と言った具合に、完成までの時間は非常に短く、またフラックスを使用しないと言うことで薬品洗浄が無く、無公害で、仕上が非常に美しくアルミ真空炉の効果を最大限に利用することが可能です。
熱伝導性についても、従来の鉄、銅、真鍮製品に比べても良く、エンジン部品、熱交換器、精密機器、産業機械、ラジエーターなどに多く利用されています。

アルミニウムの特性

comp
軽い アルミニウムは、鉄や銅などに比べ非常に軽い材質です。
強い 本来アルミニウムは柔らかい素材ですが、その他の元素を加えて合金化することにより、強度を上げることが可能です。
また、真空熱処理を行うことで、更に強度を持たせることも可能となります。
加工性がよい 圧延、押出、鋳造、成形などの加工が容易な上、真空性が高いためラジエーターの素材としては、効果を最大限に利用することが可能です。
熱伝導性がよい 加熱すると温まりやすく、冷やすと急速に冷えるという特徴から、エンジン部品、熱交換器、ラジエータなどに利用されています。
美しい輝き
(光輝性が高い)
鉄や銅、真鍮にくらべ、銀白色の美しい輝きを持っています。
真空熱処理を行うことで、本来のアルミニウムの美しさを最大限に発揮することが可能です。

※ノコロック式は、窒素ガス中でフラックスを用いてろう付けする方法で、低コストで加工でき大量生産に向いているが、ろう付け後の洗浄処理が必要で、耐食性や親水性に難がある。
Translate »